千葉 包茎

千葉のおすすめの包茎クリニック

千葉市で包茎手術


千葉の包茎治療

千葉県内には包茎手術や包茎治療について、インターネット上でも常にランクインしている全ての包茎専門クリニックの分院があり、包茎専門クリニックで手術を行う患者さんも多く見られる地区です。千葉市にある包茎専門クリニックには「上野クリニック」「東京ノーストクリニック」があり、お隣の船橋市には「ABCクリニック」があります。

上野クリニック

包茎手術業界では最も有名かつ大手のクリニックといえば「上野クリニック」の名前を知らない人はいないほどです。名前を聞いてもピンと来ない方はテレビCMや雑誌などで、「タートルネックのセーターの青年」のクリニックなら、思い出すかもしれませんね。上野クリニックの包茎手術治療実績は、確実に日本一と言える圧倒的な数だといえます。2014年度の包茎手術及び治療実績はなんと11050名に達しました。上野クリニックがなぜこれほどまでに賞賛されるのかは、包茎を手術で切除せずに治してしまう治療のパイオニアであること、手術の仕上がりの美しさにあります。また包茎を切除したうえで治す手術法で有名とされている「複合曲線作図法」は、1人1人の亀頭冠と亀頭小帯のラインにあわせて機能的・美的曲線を描き、余分な包皮を切除し傷跡が目立たないように縫合する、まさに医師の技術力がものを言う高度な包茎手術です。さらに治療時に痛みを緩和する方法として、3段階の「ステップ麻酔」を採用しています。このステップ麻酔は、唯一上野クリニックのみです。これだけ見ても、包茎手術においてこだわりのある手術を実践しており、術後の仕上がりは数ある包茎手術の中でも業界No.1の美しさと賞賛されています。

上野クリニック(包茎手術)ではいくつかのメニューから選んで手術してもらいました

無料のカウセンリングから、とても印象がよかったです。 いい意味で淡々としていて、決めるのは患者さんですよと言ってもらえました。 技術の高いお医者さんたちだなと思いました。 自信も感じられました。 美容クリニックのような妙に売り込む姿勢ではなかったのが良かったです。 吸収糸を使って亀頭直下デザイン縫合を使う方法を選びました。 20万円程度で、正直高い設定だと思いましたが、出来上がりの綺麗さで納得しました。 傷跡はまったく分からないと言っていいくらいです。 女性なら、言われないと分からないと思います。 手術を決めてから勃起の時痛くならないのかとか、セックスはいつからできるのかとか、色々質問しましたが、はっきりと答えてくれて、安心でした。

上野クリニック(包茎手術)には熟練のワザを感じました

包茎手術を受けようと思ったんですが、意外に傷跡が残りやすいという話を聞いて躊躇していました。 包茎手術専門といっても使用する器具によってまったく違ってくるという話です。 泌尿器科で使う包茎手術用の器具だと、どうしても跡は残ると。 上野クリニックに決めたのは、豊富な手術の実績があって、手作業で手術してくれるからです。 大事な部分の手術だから、変な跡が残っても損するだけだと思います。 吸収糸を使った手術を選択して、さらに美容治療手術もしてもらって、総額20万円近くかけました。 驚くほどの出来栄えで感心しています。 今までの自分のものと同じものとは思えないくらいに立派でした。 価格面ではなく、仕上がりの美しさや信頼性で選んだら、上野クリニックがいいと思います。

上野クリニック(包茎手術)では変な売り込みがありませんでした

上野クリニックは、無理に高額な料金をPRしてくるような感じがなかったのが良かったです。 カウセンリングではこちらの疑問にはっきりと答えてくれました。 傷跡を気にしなければ10万円程度からできること、手術のレベルに応じて値段も上がり、20万円から40万円程度のものならまったく目につかないものになることや、手術は痛みは少ないことなどを聞きました。 医師の先生の説明も丁寧でした。 診察が終わると、カウセリングスペースに戻って、料金表を提示されました。 コピーしてくださいと言ったら気軽に応じてくれました。 他のクリニックを回った結果、対応が一番良かった上野クリニックにお願いしました。 変に売り込みをしないところが老舗という感じでした。

上野クリニック千葉院

JR千葉駅東口を抜けて駅前左側を歩いていくと、ダウンライナーというモノレール高架下をさらに進んでいきます。その突き当たりに1階が「ヤマザキデイリーストア」のコンビにが入っているビルがあり、そのビルが上野クリニック千葉院が入っているです。駅前ロータリーに面したビルなので、駅からもすぐ分かりやすい場所です。

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニックは、上野クリニックと並び包茎手術業界では長い歴史をもつクリニックで、開院してから25年目を迎えました。この25年という長い年月の中には、大手と呼ばれていた「神奈川クリニック」「山の手形成クリニック」等がその歴史に幕を閉じた一方で、東京ノーストは一歩一歩確実にその病院規模を広げていきました。その結果、現在では日本全国にクリニックを展開し、その数は30箇所以上にもなります。業界最大手に成長した東京ノーストは、他のクリニックよりもいち早く包茎手術において美容外科に通ずる手法を習得し、縫合法では「マイクロコンプリートスーチャー」という縫合技術を採用し、術後に縫合の糸目が見えないナチュラルな仕上がりを可能にしました。術後に関しても24時間相談専用ダイアルを設け、手術後の患者が帰宅した後も患者の不安を取り除けるようにしています。

非常に手際の良い手術で不安に思う間もありませんでした

彼女との行為の時、少し変な目で見られたような気がして、それ以来彼女を誘うことにもためらうようになりました。 包茎手術のことはすぐに頭に浮かびましたが、もともと健康で病院自体ほとんど行ったこともなかったので、不安と恐怖でいっぱいでなかなか行動に移せませんでした。 しかし、東京ノーストクリニックなら男性スタッフのみのクリニックで、いつでも相談が可能ということで、思い切って行ってみることにしました。 カウンセリングで手術のことをしっかり説明してもらい、痛みなくやってもらえると知って安心できました。 担当医の方は非常に手際よく手術してくださり、不安に思う間もなく終わりました。 術後はしばらく痛むかと思いましたが、思ったほどでもなく、数日で何も気にならなくなりました。 今では堂々と彼女との行為を楽しむことができています。

さすが実績あるクリニックは安心感があるなと思いました

自分の現状を打破したくて、東京ノーストクリニックで包茎手術してもらうことにしました。 決意するまでに時間がかかり勇気もいりましたが、包茎が治ったことでこんなに気分が軽くなるなんて、本当に行ってよかったと思っています。 仕事も休みたくなかったし、もちろん包茎手術したことなんて誰にもばれたくなかったので、日帰りで済んだことが一番助かりました。 事前のカウンセリングでは懇切丁寧な話をしていただいて、さすが実績あるクリニックは安心感があるなと思いました。 とはいえ、いざ手術となるとかなり緊張があったのですが、担当の先生に励ましていただいて落ち着くことができました。 手術自体は麻酔もあったのですぐに終わった印象で、特に痛みも感じませんでした。 帰ってからも特に出血やひどい痛みというものはなく、順調に過ごせています。

痛みのない手術と万全のアフターケアで安心して任せられます

包茎手術の広告は雑誌などでよく目にしており、どれも魅力的に感じていましたが、よくよく調べてみれば美容整形全般を扱っているところがほとんどでした。 東京ノーストクリニックだけは開院以来包茎治療一筋ということで、豊富な実績もあり、これなら信頼できると思って手術を受けることに決めました。 カウンセリングに伺うと、清潔感のある院内の個室で手術や包茎治療の種類について詳しい説明を受けました。 過去の症例なども見せていただき、納得して手術に臨みました。 手術中は麻酔があるのでもちろんですが、手術後も患部に痛みはなく、すぐに包帯も取れました。 アフターケアの体制も万全なので、こちらならどなたにも満足いく治療が受けられると感じました。

東京ノーストクリニック千葉院

JR千葉駅東口を抜け、千葉駅前大通りをまっすぐ直進すると、モノレール「タウンライナー」の高架が前方付近に見えてきます。高架をくぐり大通りがあるので、今度は右に曲がります。次に前方に「パルコ」が見えますので、そのパルコ奥の三菱UFJ信託銀行がたっている「葭川公園前交差点」に出ます。交差点を左に曲がると、信託銀行隣に「東京ノーストクリニック千葉院」がありますので、お車でお越しの際は、タウンライナー葭川公園周辺のパーキングにお車を駐車してお越し下さい。

ABCクリニック船橋院

ABCクリニックは、包茎手術業界の中でも新しい勢力として近年急速に成長を続けているクリニックです。新しい勢力として、包茎手術において常に最新の手技・手法の習得に力をいれています。男性の下半身の様々な悩みにトータルで応えられるように「ED治療」でも最新機種の導入を行い、ED治療の実績を積み重ねています。治療だけに関わらず「3、30、3プロジェクト」という治療3日前の予約を行うと、包茎の治療費は3万円、その他全ての治療費においても30%オフというキャンペーンを打ち出し、このキャンペーンは当時の業界に大きな衝撃を与えました。ABCクリニック船橋院にお越しの際は、JR船橋駅北口を右に曲がり歩いていくと、「てんぷら松島」の左側路地をまっすぐ直進すると、青いビルが突き当たりに見えますので、そちらがABCクリニック船橋院です。

包茎手術のメリット

包茎治療を始めたい理由として最も多く声が聞かれるのは、「美容的な観点とその外見的にも、子どものように未成熟な印象を受けるから」という声です。しかし、包茎治療を行わなければならない本当の理由の1つとして、配偶者または交際相手への配慮・パートナーの健康に他ありません。包茎というのは、包皮が亀頭に被さっている状態を指し、亀頭周辺というのは通常でも尿や精液のカスが溜まりやすい傾向にあります。これらの溜まってしまったカスは、雑菌が繁殖しやすい場所で極めて不衛生です。仮性包茎・カントン包茎などの場合、シャワーなどの入浴時に包皮を剥いて亀頭部分を露出して洗浄すれば、ある程度の綺麗さを保てます。しかし、真性包茎の場合は包皮が亀頭にくっついたままなので、無理に包皮を剥がそうとすれば皮が裂けてしまい、出血する可能性も多くあります。また入浴時のシャワーでも、包皮を無理に剥いて洗浄することが不可能なので、結果不衛生なままになってしまいます。この不衛生な状態のまま、性行為を行うのは危険でありパートナーにも良くありません。この雑菌が女性に移ってしまうことで、女性側には性病を引き起こす原因になってしまう可能性が高まり、子宮頸がんなどの重度の病気を発症してしまう危険性もあります。真性包茎の方に限らず、カントン包茎の方は別の危険性をはらんでいます。カントン包茎の場合は、包皮を剥く事は可能ですが、亀頭の部分が包皮にギュっと締め付けられ、時に包皮が戻せないほど締め付けられてしまうと、亀頭部分が鬱血を起こし、最悪な状態まで進むと細胞が壊死することで、亀頭切除になる危険性が大いにあります。こうなるのは、性交時や自慰のときなど、様々な場面で包皮を無理やり剥こうとした場合が考えられますが、どのような場面であっても、包皮に亀頭が締め付けられたまま元に戻らない状態に陥ったら、一分一秒でも早く包茎手術を行うことをオススメします。このように、包茎治療というのは外見的な要素だけで手術をオススメするわけではなく、衛生的な面や病気のリスクを取り除く意味でも必要である手術なのです。

泌尿器科での包茎手術は?

包茎手術を検討している人なら、「泌尿器科での包茎手術はダメ」ということを何度か耳にしたことがあるのではないでしょうか?では、なぜ泌尿器科での包茎手術はダメだといわれているのでしょうか。簡単に言ってしまうと、包茎手術を専門にしている「包茎クリニック」での手術と泌尿器科での手術とでは技術力に大きな差があり、仕上がりの面からしても、包茎手術専門クリニックと泌尿器科では仕上がりにあまりに違いがあり、泌尿器科のほうが今後の生活を考えてもリスクが高くなってしまうからです。そもそも、病院の泌尿器科は、泌尿器系統の病気全般を治療するのが目的で、治療の中でも包茎手術を行う割合もごく一部でしかありません。この事により、包茎手術を専門で行うプロフェッショナルな集団「包茎クリニック」と「一般病院の診療の一部である泌尿器科」では、おのずと施術に対する技術力に圧倒的な差が開いてしまうのです。これは仕方のない事なのかもしれません。泌尿器科で行う「包茎手術」の目的としては、あくまで「包茎ではない状態にすること」を目的としているので、包茎手術後の傷跡についても、傷跡を目立たせずにナチュラルな仕上がりに見せるかという、術後の美容的観点を持ってはまず手術を行いません。治療の一部として包茎手術を行うのです。そうなると、包茎手術というのは、一生にたった一度のとても大切な手術だというのに、簡単な気持ちで近所の泌尿器科で包茎手術を行うのは、今後の生活を考えるとあまりにもデメリットが高く、危険性があります。一度包茎手術に失敗したとしても、再手術を行う必要性が出てきてしまいますが、この再手術というのも非常に難易度が高い手術になっており、従来の包茎手術料金よりも高額の施術料金を請求されたり、手術を行う前の状態によって、再手術自体をお断りすることもありえます。千葉県内のエリアで包茎手術を検討している方は、包茎手術業界のプロである、包茎手術専門クリニックでより確実に手術を受けることを断固としてオススメします。